【ニチバン/テープはがし強力タイプ】カッターやハサミのベタベタをきれいに取る方法。

カッターのベタベタ

うちは通販業ですので、毎日届いたダンボールを開けて、またそれをパッキングして出荷して、という繰り返しです。ですから、カッターナイフがすぐにこんな感じになってしまいます。

カッターのベタベタ

ベタベタ、ネチョネチョ成分が付いてしまい、イヤな感じ。要は段ボール箱を閉じてあるガムテープの類を開封するのにカッターを使うので、その粘着成分がどんどん付着するわけですね。

放っておいたら、切れ味にも影響してしまいそうです。

「刃を折って、きれいなところを出せばいいじゃないか。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、最近は刃の性能も向上して、長持ちしますのでそんなに簡単に折るのはもったいないし、折った刃を処分するのも、面倒なものです。ちなみにこちらのカッターは3Mのチタンコーティングですので、通常のものよりも耐久性があります。

これ、何も仕事で使うカッターやハサミだけではなくて、ご家庭でも気が付くとこうなってるって、「あるある」じゃありません?(笑)

このベタベタを取る方法ですが、いくつかトリビア的に出回っている情報では、ハンドクリームや日焼け止めクリームを塗って拭き取るとか、アルコール消毒液でふやかす、消しゴムで擦って絡め取るなど、いろいろありますが、一番きれいに取り去る方法があります。

そもそもこの粘着物質ですが、これを無力化するための商品があるんですね。そう、テープはがし、シール剥がしといったものです。スプレーや、ハケで塗るものなど、昔からいろんな形状で出ています。それ専用の商品なのですから、使わない手はありません。

うちに常備されているのはこれです。

ニチバンさんのテープはがし

テープ作ってる会社が作ってるのですから間違いない。(笑)

これを吹きかけて、さっと拭き取ると、、、

カッターやはさみのベタベタをきれいに

一瞬でピッカピカ!

癖になる快感です。

まぁ、そんなに利用頻度の高いものでもありませんが、ひとつあると非常に助かりますね。もちろん、こどもに貼られたシールを剥がすのにも使えますし。

おお、業務用のプロ仕様みたいなものもいろいろ出ているようですねー。

(追記)
わたくし、チタンコーティングの刃であるせいか気付きませんでしたが、普通の刃の場合は、こういった溶剤系で拭くと、防錆油も落ちてしまうからか、サビてしまう可能性もあるそうです。ご注意くださいませ。m(_ _)m

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

文具の大洋の鈴木店長によると、強力タイプでなくても、通常タイプのこれで十分だそうです。

by カエレバ

 

by カエレバ