【第109回文具朝活会/議事録】あなたのカスタマイズ、自作文具、見せてください。


文具朝活会の議事録です。今回は、自分なりにカスタマイズしたり、自作して仕事に使いやすいようにしている例を見せていただきました。(@beez渋谷店)

アコーディオンノート

カスタマイズって、二種類ありますよね。

アコーディオンノート

仕事の効率化を図る系のものと、かわいくデコる系のもの。

アコーディオンノート

山櫻のガーリーなブランド「+lab」(プラスラボ)のクリエイティブディレクター、大場さんの場合は、やはりひたすらかわいい方向へ。このノートは、+labの人気品番アコーディオンノートですが、実は試作品で、自分の好きな表紙に、好きな中身をくっつけてこしらえてしまった、ある意味職権乱用の一点もの。(笑)

それに、やはり+labの製品である「ちいさいタック」をカスタマイズして、開かないための機能性もちょいとプラス。シンプルなノートだけに、カスタマイズのし甲斐がありますね。デコりすぎるとカチャカチャになりますが、さすが大場さん、絶妙なカスタマイズです。

楠田さんの多機能ボールペン

朝活の父、楠田さんは多機能ペンが大好き。ペンケースの中には何本も入っています。ちなみに奥さんがかわいいです。(・∀・)

リフィル変換!

中でも品質の面で絶対的な信頼を寄せているのが、ゼブラのシャーボ。でも中身のリフィルは三菱ジェットストリームの4Cが入ってたりします。「だって書きやすいんだもん、、、」滑るほどなめらかな書き味がお好みだとか。

また、シャープは0.7mm芯だそうですよ。「折れにくい」からですって。これぞカスタム!

実はスポルディング

このペンケースは黒い部分が伸縮素材です。スポルディング製。これいいなと思いました。

さて、カスタマイズと言えばノートも一大分野ですよね。

2穴用ファイルで、、、

SEの葛生さんは、とにかくA5のノート命。女性ですのでなるたけコンパクトな大きさで、というところから、ルーズリーフを駆使しながら使用中、使用後のものの保存方法などを考えながらA5街道爆進中。

2穴ファイル

留め具もいろいろあるんすね。LUCKY印。ルーズリーフですが2穴でまとめてます。

2穴ファイルグッズ

こういうタイプも。表紙さえあれば、何でもノートになっちゃいます。

2穴用

LOOPER印のファスナー。

リングで2穴

外からリングでまとめるタイプ。

わたくしは手に引っかかるのでリングものは使わないのですが、保存用&後から閲覧用でしたらこれは便利そうです。

ファイレットがリニューアル

あ、ウキマさんの「ファイレット」が新しくなっている。これは便利ですので売れて欲しいですね。

動画で説明します。パンフレットなどに、わざわざ穴を開けなくても、2穴のファイルにスッと収納できてしまう、魔法のファイルです。

万札ペン

はいはい、これは文具工作部隊SKIPの小野隊長の作品ですね。「百万円札」を粉々にして、ペンの透明軸に入れたもの。これね、造幣局で売っている、本物のお札切れ端ペンと同じ仕組みです。(小野さんのはあくまでも百万円札ですので違法ではありませんよ!)

のりのついてない付箋

そしてこれ。行政書士の新井さんが持ってきてくれたのは、のりが要らない、自ら静電気を帯電してて、どこにでも張り付く付箋です。これは画期的ですよね。

鉛筆でもボールペンでも書けますよ。これ、おもしろいので今度イベントしようかと思っています。(ビジネスモデルのブレストなどによく使われているものです。)ドイツ製なのですが、日本に代理店がなくて、わたくし4ユーロの商品を取り寄せたら、日本円で2,700円もかかって、めちゃショックでした。(^^ゞ

帯電している付箋


スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2015-02-12 | Posted in 企画記事

関連記事