【ロンド工房/カードリッジ】誰もがあるある!のあの瞬間を救済する画期的ツール。


先日、ギフトショーの会場に伺ったときに、その衝撃の新製品(サンプル)はサラーっと置いてあった。

カードリッジ発表

ロンド工房の荒川さんが「すぐにネットにアップしないで、今度の文具祭りでドカーンと見ていただきましょう。」とおっしゃってたので、しばらくガマンしていたのですが、某有名雑誌のウェブ版に掲載されてしまったようですので、こちらでもアップさせていただきますね~。

カードリッジ見本

その名もカードリッジ。ひとことで説明すると、「非常用携帯名刺入れ」でしょうか。

もう、誰もが「あるある」というシチュエーションで大活躍する逸品。

そのシチュエーションとは、「名刺入れを忘れた、もしくは切らしてしまい、そういうときのために手帳の中や定期入れの中に名刺の予備を忍ばせておいたのだけれど、そこから出してご挨拶するのは、ちょっとカッコ悪いなぁ、、、」という時。

ありますよね。あのちょっとした気不味さ。

そんな時、このカードリッジがあれば大丈夫。紙でできているからどこにでも入れられるし、表面感のある紙でできているから、ぱっと見はちゃんとした名刺入れに見えるんです。つまり、名刺入れを忘れたマヌケちゃんには見えない!というわけです。どうですかこれ。

でもって、ギフトショーに出ていたのはあくまで試作品。基本構造はもうほとんど変わらないと思いますが、これを9/25(木)の文具祭りまでには製品版を仕上げてプレゼン、さらにもし間に合えば、ご来場のみなさんに、発売に先駆けてプレゼントしてもらえるかもしれないと、約束していただきました。

>>第10回文具祭りのお知らせ

文具祭り、おかげさまでもう10回目です。ますますパワーアップして開催となりますので、ぜひご参加くださいね。


スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2014-09-14 | Posted in 名刺関連

関連記事