【ゼブラ/ルージェル】これは買い!化粧品のような、昔の万年筆のような、魅惑のスタイル。

ゼブラさんのツイッターでこんな投稿があり、おじさんはビックリしました。「何これ、聞いてないよ~。」

だってこれ、ゼブラ社ウェブサイトのプレスリリースコーナー見ても載っていないのです。まさに青天の霹靂。超かわいくないですか?

リップスティックみたいな、というコンセプト

最初に言っておきますが、ジェルボールペン好きなら、このルージェルは買いです。限定品ですので、売り切れる前に見つけたら即ゲットをおススメします。

ゼブラ広報さんにビジュアルをお借りできたので、まずはアップいたしますよー。

おじさんなのでよくわかりませんが、お化粧される方、これ本当にうまいことコスメに寄せた外観でないですか?

ポイントは、断面が正方形であること。

ルージェル

ね。

ルージェル正方形ボディ

ね。正方形。

ありそうでなかなかない形、しかしルージュではよくある形ですもんね。

あの頃のモダンな雰囲気も

そしてこれって、同時にどこか懐かしい感じもするんですよ。例えば昔の国産万年筆みたいな。

日本の高度成長期あたりの、モダンなデザインのペンがどんどん出てきた頃のような、なんとも言えないノスタルジーを感じるのは、わたくしだけでしょうか。(そのころ、まだ生まれてませんけどね)

ルージェルラインナップ

一周まわって何とやらと申しますが、どことなく懐かしいフォルムを、最新のデザインで仕上げる、みたいな。(勝手にいろいろ言ってますが)

うーん、おじさんですけど、このデザインは大好きです。ピンクの2色はアレかもしれませんが、ゴールド、レッドあたりは男性でも全然イケます。

キャップの塗装がいろいろで楽しい

ルージェルの塗装

細かい点もちょっと書かせていただきますね。ルージェルは、キャップの色によって塗装の種類が異なります。レッドとホワイト、そしてゴールドはキラキラしています。

その中でも、ゴールドだけは表面が少しざらついた塗装です。ただし、ざらつきと言っても非常にマイクロなため、サラサラなんですけどね。要は、指紋がつかない塗装なのですがおわかりいただけますでしょうか。

一方、ホワイトとレッドはパール的なキラキラでツルツルです。(アホっぽい表現でごめんなさい。しかも正確にはパールのような多色の輝き方ではありません。)

ルージェルのピンクとローズピンク

ピンクとローズピンク(濃い方)は、ソリッドなツルツル塗装になります。これはこれで非常にルージュっぽい、いい感じを醸し出していますねー。

安心のサラサインク搭載

インクはすべて、サラサの黒(ボール径:0.5mm)です。

どうやってリフィルを入れ替えるのか、最初わかんなかったのですが、しばらくいじってやっと発見しました。

ルージェルのリフィル交換の仕方

この部分からネジネジになっていたんですね。

固定観念で、金属部分と黒い部分のつなぎ目を回す!と思い込んでいたのですが、まさかまさかの黒い部分どうしの切り替わり箇所だったのでした。

ルージェルに好きな色のサラサ

はい、中身はお馴染みのサラサのリフィルが入っております。

ですから、サラサグランドのごとく、お好きな色、ボール径のサラサリフィルを入れて楽しむことができますね。

見つけたら即ゲット!

重さは25g、通常のサラサが11gほどですので、ポップに見えて、実はかなりしっかりした作りになっています。これで1,000円はかなりコスパいいと思います。

文具女子博に「新発売!しかも限定!」って出展してたら、3日間で10,000本くらい売れてたかもしれませんねー。

そう、ひとつだけ残念なのが、このルージェルが限定発売ということ。

限定発売というのは、お店としては売りにくいものです。この先いつまで補充できるかわからないものを、売り場でどれくらいプッシュしていいのか迷いますし、通販でもすぐになくなってしまうものをアップするのは面倒です。ですから、市場には案外ぎこちない出回り方をするのではないか?

そう考えると、やはりこれは冒頭に申し上げましたように、見つけたらすぐゲットしておいた方がいい商品なのではないかと思うわけです。

 

by カエレバ

 

スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2018-02-11 | Posted in ボールペン

関連記事