【郵便局営業さんのノート術】がいい感じで話が盛り上がってしまった。

先日、送料の件で来てくださった郵便局の営業担当さんが、なにやら面白そうなノート術をしていたので、商談終わりに聞いてみました。

下手な図ですみませんが、まとめるとこんな感じだったと思います。

コクヨのB5のキャンパスノートでしたが、いろいろカスタマイズして便利な感じに仕上がっていました。

ノート術

わたくし、ノート術に関しては今までわりと無頓着でして、また周りにきっちり実行している人があまりいなかったため、すごく新鮮に見えたのでした。

しかし、彼が「ビジネス書で読んで、ほぼそのままやっているだけなのですが、著者さんとか本のタイトルは忘れてしまいまして。」とおっしゃる。

後で調べてみましたが、どうやらこれですね。

確かに、以前書店さんで見たことがある表紙ですねー。

1、1冊のノートに書く
2、書き終えたら右下角をちぎる。(切る)
3、書き終えたらインデックスと検索マークをつけて、最終ページにインデックス。

基本的にこの3点のみのようです。

うーん、これだけのことを一冊使って書くとは、ちょっと興味が出てきました。

話は戻りますが、結果的に盛り上がり、今は見積もりを待っている状態です。ドキドキw

スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2018-05-11 | Posted in メモ・付箋・紙製品, ノート・手帳

関連記事