【マルマン・ぺんてる/緩衝材の紙】文具メーカーさんならではの隙間紙に萌える。


先日、ぺんてるさんからの名入れノベルティペンの納品ダンボールの中に、こんなものが入っていました。

ダンボールの中に隙間があるので、グラグラしないように入れる緩衝材ですね。

ぺんてる筆記耐久試験

普通のコピー用紙よりもコシのある紙に、ダイヤ型にびっしり線が引かれています。

なんだこれ。

広げてみる。

ぺんてる試験紙

おおお、かなり大きな紙ですね。

長辺は1メートル近くありますよ。

黒と青と赤でびっしり線が引いてあります。間違いなく筆記の耐久試験か何かでしょう。

試験ロボットが一日中引いているのかな。いろいろ考えていると楽しくなってきます。工場見学、行きたいなぁ、、、

ぺんてる筆記試験の紙アップ

ぺんてるさんの工場見学、行きたいなぁ、、、

と、しつこくおねだりしたところで、もうひとつ。

マルマンの緩衝材

これは、文具祭りのご協賛品をマルマンさんが送ってくださったときの緩衝材。

ノートの紙に見えますね。

広げてみた。

マルマンの裁断前のノート

おおお、これも大きな紙だ。

ノート20冊くらいを広げた面積があります。紛れもなく裁断前のノートですな。(・∀・)

今度は寄ってみます。

マルマンの緩衝材ノート

わお!ルーズリーフって書いてありますね。

マルマンさんの代名詞、ルーズリーフでございますよ!萌える。

マルマンさんの工場見学も行きたいなー。

マルマンさんの工場見学も行きたいなー。

工場見学って、あの機械を見るのが好きなんですよね。この商品を作るために作られた機械。そういう意味では、製造機械を作るメーカーさんが一番ツボなのですが、その設計技師さんなんて、マジで憧れる存在です。

まぁ、わたくしは図面は引けませんが、仕組みを考えてきっちり構築していくって、どんな仕事でも必要なことです。そういう人に、わたしはなりたい。

(・∀・)

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 


スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2016-01-15 | Posted in ノート・手帳, ボールペン

関連記事