【宝島社/MonoMax別冊/文房具大賞2014-2015】審査員させていただきました。

先月、死ぬかと思いながら審査させていただきました、宝島社さんのMonoMax別冊ムック、『文房具大賞2014-2015』が、ついに発売となります。

文房具大賞2014-2015

でも、カメラマンさん、編集者さん、ライターさんのがよっぽど大変だったであろうことは、中身を見れば一目瞭然。これだけの文具を扱うのは、並み大抵のことではありません。無限の宇宙です。

文房具大賞の審査員

文具の専門家の中に、なぜか素人みたいなおじさんがひとり混じっています。いつもながら恐縮しきりです。今回はシャーペン、万年筆、修正テープ、付箋、バラエティ文具を担当させていただきました。

おじさんがんばる。

とにかくすごい量だったのです。床に座り込んでひたすら審査してたところを、カメラマンさんにキャッチされていたようです。

では、わたくしが担当した部門の最優秀賞だけ、サラッとご覧いただきましょう。

シャープペンシル部門

シャーペン部門はトンボ鉛筆のモノグラフ。

万年筆部門

万年筆部門は新色も出たパイロットのカクノです。

修正テープ部門

修正テープは、トンボ鉛筆のモノノート。

ふせん部門

付箋部門は、カンミ堂のココフセンSTUDYグルグル。

伯爵からご挨拶

わ!高級ボールペン部門にファーバーカステル伯爵のコメントが!すげー。日本語しゃべれるんだー。(おいおい)

というわけで、お好きな方はどうぞお近くの書店などでお買い求めくださいね。

MonoMax別冊 文房具大賞 2014-2015 (e-MOOK)

宝島社 2014-06-21
売り上げランキング : 4753

by ヨメレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2014-06-19 | Posted in メディア掲載履歴

関連記事