【amorph/PURAI POPS/ブックカバー】岡山から、職人の手が生み出すアツいブランドが発進!


岡山にいる知人の紹介で、佐藤さんという方から電話がかかってきました。

「アモルフというブランドを立ち上げて、世界初の形状のブックカバーなどを作っているので、よろしければご意見をいただきたい。」

早速、実物をお送りいただき、触ってみました。

アモルフブックカバー全景

両端の木製バーが気になる。

ふむふむ、どうやら両端の木の板がポイントのようですね。

本を収納してみましょう。

本を差し込んでみる

お送りいただいたのは文庫本サイズです。

こう収まる

こんな感じで収まるわけですね。

で、木の板は、、、

木の板が気になる

もしかして、、、

マグネット内蔵でピタッと閉まる。

木の板どうしがピタッとくっつきましたよー。

そう、マグネットが仕込んであるんですね。気持ちいいアクションです。

何かに似ている

中身を守る機構がユニークでオシャレ。

この閉まる感触、何かに似ていると思ったら、バッグ類ですよね。

その手法を、ブックカバーに持ってきたと。袋状になって、中身が守られる!おもしろいです。そしてオシャレ。

ちょっと持ちにくい面も

ただ、実際に本を持ってみると、本と板の間に、数センチの隙間があり、ちょっとそのスペースが邪魔になってしまうのです。(外側に折り曲げてしまえば持ちやすくなるのですが)

ある程度の厚みの本までをカバーするためのバッファ、またマグネットのバーを閉じるための必要空間だと思うのですが、本を読むという行為をするには、ちょっと集中力をそがれてしまうかなという面があるような気がします。(個人の手の大きさにもよりますので、あくまでも私見ですが)

しかし、本を持って「読む」のではなく、ノートなどを机に「置いて」使う場合はどうか?

それならば、この機構もまったく邪魔にはなりません。もしかして、むしろノートカバー、手帳カバーに向いているのではないか?

手帳の達人にも好感触。

ということで、ちょうど上京されていたブラウニー手帳の荒川さんにお見せしたところ、「お、これいい感じですね。」と。

A6サイズのブラウニー手帳ともピッタリ!

ブラウニー手帳との相性バッチリな件

あの、余る部分にペンを差したらまたピッタリハマってビックリです。

そいでもって、マグネットでぴったんこすれば、昔からあった手帳セットのごとく、落ち着いた佇まいに。

ブラウニー手帳セット?

非常にシュッとした印象の手帳となりました。(・∀・)

これはぜひ手帳カバー、ノートカバーとしての展開を!と佐藤さんに連絡しようと思いましたら、新製品としてもう作っておられました。さすがです。

他にも、ペンケースや小物入れなど、文具回りでの商品開発は、いろいろ可能性があるなぁと。

本格的な東京上陸も近い!

アモルフさん、大きいものは超かっこいいトートバッグから、小さいものでは名刺入れまで、品揃えがどんどん増えておりますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

>>アモルフさんのサイト

あ、それからもうひとつ。実物を見てから買いたい!という東京のみなさまには朗報。

東急ハンズ渋谷店7Fのハンズギャラリーで、2月15日から販売されるとのことですので、お手に取ってご覧くださいねー。

メイドインジャパン!

保存

保存


スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2017-02-02 | Posted in ノート・手帳, クリップ・マグネットなど

関連記事