【日本経済新聞/Nikkeiプラス1】「何でもランキング」進化系文具、小粋な仕事ぶり。審査員をさせていただきました。


毎年春になると、日経土曜版の「Nikkeiプラス1」にて、文具のランキング特集がありましてね、今年も審査員としてお呼びいただきました。

日経新聞文具審査員

今回は、エッジの効いた機能や仕掛けを持った、進化系文具の何でもランキングでした。(2017年4月8日号)

事前にこのテーマでオススメ文具を審査員が何個かずつピックアップし、それを編集部さんで絞ったものを、会場でポイント制の採点、順位がついたものです。

真面目に元々ある機能を突き詰めたもの、あっと驚く仕掛けで楽しませてくれるものなど、今回のラインナップは見ていても楽しいものばかりでしたね。

1位と2位をシャープペンシルが占めるというのもすごいですが、どちらも力作だけに納得です。

ということで、電子版が公開されています。わたくしのコメントも少しですが掲載されておりますのでご覧くださいませ。

>>進化系文具、小粋な仕事ぶり 機能性+デザイン重視

新聞でうれしかったのは、裏側の記事が片付けのこんまりちゃんだったこと。いつの間にか二児の母だそうですが、相変わらずかわいらしくて、相変わらず世界的に活躍している。すごいなこの人。

片付けのメソッドやマインドは、欧米のハイソサエティな意識高い系のみなさんに受けているようですが、日本の文具もそのあたりにハマっていかねばですね。


スポンサードリンク
posted by Yoshinori Takagi(高木芳紀/文具朝活会・文具祭り) | 2017-04-08 | Posted in メディア掲載履歴

関連記事